車売却のときに必要な保険手続き

自動車の保険

車を売却する際、保険の取り扱いはどうなるのでしょうか?車には色んな保険がかけられていますが、中でも自賠責保険はどの車でも必ず加入しているはずです。そこで車を売却した時に必要になる、保険の手続きについて取り上げます。

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、「自動車損害賠償責任保険」のことです。「自動車損害賠償保証法」で加入が義務付けられており、別名「強制保険」と呼ばれています。

自賠責保険は、交通事故に遭ってしまった人に対して最低限の救済を目的とする保険です。あくまでも交通事故に遭ってしまった人に対しての保険であり、物には一切かかりません。

ですので車を走らせて他人の塀を壊しても、自賠責保険保証対象外です。例えご自身が運転した車が大破して、病院に入院するほどの怪我を負っても、保険金は支払われません。

自賠責保険の保証は、交通事故の被害者側に支払われます。自賠責保険の保証限度額は120万円。後遺症がのこるような怪我を負うと75万円~4,000万円。死亡事故に発展してしまうと、3,000万円が補償されます。

ここまで述べると「結局は慰謝料のことでしょ?」とおもわれるかもしれませんが、少しニュアンスが違います。慰謝料は、自賠責保険という枠の中にある一部です。

もし自賠責保険に加入しないまま車を走らせると、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」になります。
罰金面で例えるなら、傷害罪とほぼ同じ罪です。ちなみに自賠責保険証書を車に備えていない場合は、30万円以下の罰金です。暴行罪とほぼ同じ罪です。

任意保険とは?

事故はいつどういう形でどう起きてしまうのか、全く予測がつきません。交通事故で相手に怪我を負わせてしまったら、自賠責保険で対処はできます。

しかし交通事故で他人の家を破壊した場合、自賠責保険では対処不可能です。また相手方の怪我が重い場合、自賠責だけでは済まされません。そこで登場するのが、任意保険です。

任意保険に強制力はなく、個人の自由で加入できる保険です。任意保険に加入していなかったとは言え、懲役刑が課せられる訳ではありません。でも加入しておいた方が、万が一の事故の時も手厚い補償が受けられます。

例えば自損事故保険に入っていれば、運転手自信の責任で起こした事故でも保険金が支払われます。車両保険であれば事故で車が破損した場合、かかる修理代が支払われます。また特約を利用すれば、保険料の節約・内容を充実させることも可能です。

例えば最近、頻発する災害などでも、大雨や台風、洪水での車冠水も車両保険に入っていればカバーされます。しかし地震や津波は対象外です。

さらに任意保険に加入すると、ロードサービスが利用できます。例えば道途中でガス欠になった場合、ロードサービスを使うと無料でガソリン給油が受けられたりします。

ただし任意保険の基本的な内容は何処の保険会社も同じですが、細かい部分は違います。どういう補償がされるのかをしっかり把握した上で、自分に合う任意保険を選ぶようにしたいものです。

【自賠責保険と任意保険の比較】

自賠責保険 任意保険
相手への補償 対人 △ 上限あり ◯ あり
対物 X なし ◯ あり
自身への補償 対人 X なし ◯ あり
対物 X なし ◯ あり

売却時の保険手続き

自賠責保険の場合

売却時に行う自賠責保険の手続きは、乗り換える場合と乗り換えない場合で大きく変わります。そこで乗り換える場合と乗り換えない場合の、自賠責保険の手続きについて取り上げます。

乗り換えの場合の手続き
車を中古車買取店で売却して乗り換える場合、名義変更の手続が必要です。ただし乗り換えたからとは言え、必ず名義変更をしなければならないという決まりはありません

そもそも自賠責保険は車のオーナーにかかる保険ではなく、あくまでも車に対してかけられている保険です。だから名義が変わらなかったとしても、特別に不都合なことが起こる訳ではありません。

そのためか買取店の中には敢えて自賠責保険の手続きをせず、そのまま中古車として売り払うこともあります。名義変更が行われないまま走らせても、法律的には何の問題もありません。万が一新たにオーナーになった人が自賠責保険のお世話になったとしても、保険は適応されます。

ただし車の名義変更が行われないままでいると、いざという時の手続きが不便です。名義変更の手続きは車の買取店が引き受けてくれるので、売る側に負担がかかることはありません。名義変更が行われると自賠責保険も変更されます。

でも先程も述べたように、面倒臭がって名義変更を行わない業者もいます。売却する前に自賠責保険の手続きについて、確認はした方がいいでしょう。

ちなみに自賠責保険の名義を変更するには、自賠責保険証人請求書・自賠責保険証明書・譲渡意思の確認ができる書類などが必要です。

乗り換えない際の手続き

新しい車に乗り換えず、そのまま車を売りに出すということは、保険を支払う必要もないので、「解約」という形になります。しかし自賠責保険の解約は、実質不可能です。法律で制限されており、車を廃車しない限り解約はできません

自賠責保険でかけられているのは車のオーナーではなく、車そのものにあります。つまり売却して乗り換えをしないからとは言え、車が日本の何処かにある以上、自賠責保険の解約は不可能です。車の乗換なしに自賠責保険の手続きを行う場合も、名義変更になります。

自賠責保険を解約するには、車を売るのではなく廃車するしか道はありません。廃車には主に一時抹消登録・永久抹消登録・輸入抹消登録の3つがあります。

一時抹消登録とは、一時的に廃車扱いにすることです。永久抹消登録とは車を解体して再利用ができなくなることです。輸出抹消登録は、車を海外に輸出する時に行われます。

買取業者が車のパーツを専門に取り扱っている店であれば永久抹消登録、中古車輸出専門業者なら輸出抹消登録の手続きとなります。

なお自賠責保険の契約期間が1ヶ月以上残っているまま廃車にした場合、保険料は戻ってきます。ただし保険の解約手続きは業者ではなく、自分自身の手で行うことになるので要注意です。

自賠責保険の手続きをまとめると、
車を売却や乗り換えの際は基本的に業者が行ってくれます。しかし廃車にする際はご自身で解約手続きをしなくてはなりません。

任意保険の場合

任意保険は強制加入ではないものの、万が一のことを考えて加入している方も多いでしょう。そこで売却時における任意保険の手続きについて取り上げます。

乗り換えの場合の手続き

任意保険の名義変更なしに、車輌情報だけを変更することを前提とした上で話しを進めます。

任意保険の保険料は、日割りで計算されます。納車日を決定して新しい車検証ができれば、販売店から車検証のコピーを貰った上で、保険会社にいつから新しい車に乗るのかを伝えて手続きは完了です。

これらの手続きを「車両入替」と言います。車両入替をせずに車を乗り換えると、任意保険の補償が受けられなくなるので注意して下さい。

また、保険料についても注意が必要です。任意保険の支払額は基本的に、車両の価値によって変わります。乗り換えるということは、今まで愛用していた車と価値が違う場合があります。

「乗り換えるのは中古車だから問題ない」という声もあるでしょうが、例え中古車でもグレードが上がれば、保険料も高くなります。

乗り換えを検討しているのなら、任意保険を一度見直してみては如何でしょうか?現在加入している任意保険で満足しているのなら、保険の見直しは必要ありません。でも本来支払う必要のない保険料を支払っているとなると、かなりもったいないです。

乗り換えない際の手続き

乗り換えをしなくてもしばらく経ってから新しい車の購入・譲渡の予定があるのなら、任意保険の中断手続きを行います。

今後車に乗ることは一生ないというのならば、解約しても良いでしょう。しかし任意保険を解約してしまうと、これまで積み上げてきた等級がなくなってしまいます。解約した後に任意保険に再契約をしても構いませんが、等級は6等級からになるので、効率良い方法とは言えません。

例えば10年間無事故無違反で車に乗り、売却をするとします。10年間無事故無違反だったということは、等級は16等級で50%近い割引が適用されているかとおもいます。

しかし売却を機に任意保険を解約し再契約すると、6等級からのスタートになります。保険を幾らかけているかにもよりますが、割引率も高くはありません。つまり本来支払う必要がない保険まで、払う羽目になるのです。

売却後しばらく車に乗る予定がないのなら、中断手続きが確実です。手続方法は任意保険に加入している保険会社に連絡をとり、「中断証明書」を発行してもらうだけです。中断証明書の有効期限は10年に定められており、10年内であれば等級を引き継いで任意保険を再開することができます

注意しておきたいポイント

保険の手続きに関しては、買取店が進めてくれるので、オーナー側が何かアクションを起こす必要はありません。しかし本当に何もしないままでいると、後で手痛いしっぺ返しを喰らってしまいます。そこで保険の手続きを進める上で、注意しておきたいポイントについてまとめます。

自賠責保険料の還付について

車を売却した際、自賠責保険料は還付してくれるかどうか不安におもっている方も多いでしょう。ただ結論を先に述べると、自賠責保険料は残念ながら還付はされません。その代わり車検が残っている中古車(新古車)を購入する際、車検費用を払う必要はありません。

しかし自賠責保険料が還付されないと聞くと、「ふざけるな」という声もあるでしょう。でも還付金は返ってきませんが、気が付かない内に手元に返されています。自賠責保険の還付金は、買取価格に既に含まれているからです

例えば自賠責保険料の有効期限が3ヶ月残っていた場合は、本来の買取価格から1,000円上乗せされます。12ヶ月残っているのなら、9,000円(軽自動車の場合)の上乗せになります。なお自賠責保険料の有効期限が2ヶ月・1ヶ月の場合、査定にプラスされないので注意して下さい。

ちなみに自動車税であれば、還付されます。ただし乗用車のみとなっており、軽自動車の場合は還付されないので要注意です。税金の還付は、月割額で計算されて返金されるものです。軽自動車は年額で固定された金額を税金として支払うので、月割ができないからです。

廃車時の解約方法

自賠責保険を解約して還付金を受けるのは、車を廃車した時のみです。

車検期間の残りに応じて、自賠責保険が還付されます。ただし還付されるのは売却した本人が、直接保険会社に直接申請をした場合です。何もせずそのまま放置をすると還付されないので、要注意です。

必要書類としては保険会社によって変わりますが、廃車をしたと証明する書類・自動車損害賠償席本保険証明書・認印が必要です。廃車をしたと証明する書類は、「一時抹消登録証明書」か「登録事項証明書」のどちらかになります。ただどういう書類が必要になるかについては、念のために一度保険会社までお問い合わせ下さい。

なお保険会社に解約申請をした時、車検残りが1ヶ月以上残っているのなら、車検期間に応じて自賠責保険料は還付されます。還付申請書を運輸支局へ提出すると、2ヶ月半後には還付金が指定した口座に振り込まれるかとおもいます。

まとめ

車を売却する上で気になるのが、保険の手続きです。過去に車を何回か売却したことがあるのなら、保険についての手続きは既にご存知かとおもいます。でも初めての車売却となると、どうすれば良いのかわかりません。

「保険」と聞くと小難しいイメージがありますが、大抵の手続きは車を買い取る業者が進めてくれるはずです。またオーナー自身が手続きを進める場合は、業者側から何らかの説明があるでしょう。しっかりと話を聞いて、対処するようにして下さい。

管理人おすすめ一括査定サイトランキング

ユーカーパック
最大2000社以上から見積りが取れる!!ユーカーパックはお客さんと買取業者の仲介サービスを行っている業者です。

一括査定に申込むと色々な業者からの連絡と、その都度査定をしなきゃいけないのですが、ユーカーパックなら査定はたった1度だけでOKです。査定が完了したら、査定情報を元に業者が入札していく新システムになっています。

ユーカーパック公式サイト オンライン予約 評価
公式サイトはこちらから いますぐ査定を予約する



楽天オート
楽天オートはここ2,3年で急成長してきている一括査定サイトになります。楽天オートでは複数社に一括査定が出来るだけではなく、楽天オートを利用するだけで楽天ポイントが貯まります。

まず、申込みをすると5ポイントで、成約までいくと1500ポイントが貰えます。因みに一括査定でポイントが貰えるのは楽天のみになります。
楽天をよくご利用される方にオススメです。

楽天オート公式サイト オンライン予約 評価
公式サイトはこちらから いますぐ査定を予約する


一括査定.com
一括査定.comはJADRI(ジャドリ)の厳しい審査を通過した優良業者のみが約50社登録されています。

査定を行う全ての業者が優良業者ですので、トラブルも少なく、あなたのリスクを最小限に減らし、安心してご利用頂けます。ただ、これまで紹介してきた業者と違い、買取査定業者を選べないということろが少し残念です。

一括査定.com公式サイト オンライン予約 評価
公式サイトはこちらから いますぐ査定を予約する


車査定比較.com
車査定比較.comでは、サポート体制がしっかりしており、買取相場がすぐ分かるというところが良いですね。登録業者は200社以上と上位にいる査定サイトと比べると少なく感じますが、200社以上というのは、車一括査定サイトの中でも比較的多いサイトになります。

登録されている業者も主に皆さんがよく知っている大手の買取業者が登録していますので安心してご利用ください。

車査定比較.com公式サイト オンライン予約 評価
公式サイトはこちらから いますぐ査定を予約する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする