ローンが残っていても車は売れる?

そもそも車を売却する際に気になるのが、まだローン返済中でも車を売却できるのか?という疑問を持つ方がたくさんおられると思います。結論から先に言うとローンの支払が終わっていなくとも、車は売却できます

ただし車の持ち主が誰になっているかによって、売却の方法は変わります。そこでローンがまだ残っている、車の売却方法について取り上げます。

車の名義(所有権)の確認

まずは、車の持ち主が誰になっているかを確認して下さい。「私がお金を出して買った車だから私のものだ!!」という意見も最もですが、改めて確認をお願いします。持ち主の確認方法としては、車検証にある「所有者の氏名または名称」で確認できます。

もしローンを組んで車を所有した場合、ローン返済が完了するまでは所有者の欄はご自身の名前では無くローン会社の名前が記載され、使用者の欄がご自身の名前となっています。

次で詳しく説明しますが、ローンが完済してから初めて「所有権の留保の解除」を申請して、そして晴れて「所有権」がご自身の氏名へと変更できるのです。

しかしローンが完済したからと言って必ずしも「所有権の留保の解除」申請をして、所有権を変更しなければ行けない訳ではありません。後々、車を売却する際に「所有権の留保の解除」を申請しても全く問題ありません。その点、忘れずにおいて下さい。

名義の違いによる売却方法・必要書類

では次に車の持ち主が家族の場合とローン会社の場合での売却方法や必要な書類を確認してみましょう。

車持ち主=同居家族の場合

車の持ち主が本人ならば、例えローンが残っていても車を売ることはできます。

しかし車の持ち主が本人ではなく家族のものになっているのならば、持ち主になっている家族の同意なしに売ることはできません。この場合、名義を家族から本人に変更する必要があります。

必要書類の準備

車の所有権の変更には車の所有者になっている家族の印鑑証明、譲渡委任状、譲渡証明書
変更後の持ち主印鑑証明、譲渡委任状、車庫証明が必要となります。

印鑑証明は役所もしくは地域によってはコンビニでも発行できます。

委任状・譲渡証明書は、こちらの国土交通省のページでダウンロードできますし、また各地の陸運局でも配布しています。
委任状→http://www.mlit.go.jp/common/000226587.pdf
譲渡証明書→http://www.mlit.go.jp/common/000226585.pdf

※印鑑証明書は発行されてから3ヶ月以内のものだけが有効です。3ヶ月を過ぎた印鑑証明書は利用できませんのでご注意下さい。

また車庫証明は各警察署で発行してくれます。
※車庫証明は印鑑証明書と違い発行されてから1ヶ月と短くなっていますので、ご注意下さい。

!!家族と同居している場合(同一住所にお住まいの場合)、この車庫証明は必要ありません。

車持ち主=ローン会社の場合

そして車の持ち主がローン会社・クレジット会社になっていれば、勝手に売り出すことは基本的に不可能です。どうしても売りに出したいのならば、ローンを全て返済しなければいけません。

但し、ローンの全額返済を終わらせないまま車を売りたいのならば、所有権の留保の解除を行う必要があります

「所有権の留保の解除」と言われても何のことやらですが、要は車の持ち主はローン会社ではなく私のものですと名義を変更することです。

通常は車のローンの支払いが終わった後に、所有権の留保の手続きを行います。しかし基本的には所有者であるローン会社の承諾がなければ、解除は認めてもらえません。

でも車を売ったお金からローンを全額支払いすると約束をすれば、解除は認めてくれます。手続きは買取店が行ってくれるので、車を売る側に負担がかかることはないでしょう。

所有権保留の解除の手続きを行うには、書類を用意する必要があります。車検証は言うに及ばず、3ヶ月以内に発行された新旧所有者の印鑑証明書も必要です。

手続きを買取店ではなく自分自身で行うのなら、旧所有者の印鑑証明だけで十分です。もし車検証と印鑑証明書に書かれている住所が違う場合は、住民票も準備しておいて下さい。

他にも新旧所有者の委任状・納税証明書・譲渡証明の提出も、求められます。

車を売って得た金額は、そのままローンの支払に充てることができます。売却金額がローン残債を上回っていれば、ローン返済は完了です。

しかし問題は、売却金額がローン残債より下回った場合です。売却金額全て使ってもローン残債が残ったのならば、残った分は必ず返済しなければいけません。その場合の方法も後々、ご紹介していきます。

所有権がローン会社の場合「所有権の留保の手続き」に必要な書類。
・車検証
・印鑑証明書※住所が違う場合は住民票
・新旧所有者の委任状・納税証明書・譲渡証明

売却した後、残ったローンはどうする?

ローンが残っている車を売却したからとは言え、ローン残債が残っているのならば、何らかの形で支払わなければいけません。ではどういう形で残ったローンを支払うのか、取り上げます。

車を売った金額は、そのまま残ったローンの支払に使うことができます。例えば、ローン残高が50万円残っていたとしましょう。

車が100万円で売れたとしたら、売れた分をローンの支払に充てることができます。つまり100万円-50万円で、手元には50万円のお金が手に入るという訳です。手元に残った50万円は、新たな次期愛車の買い換えに充てることが可能です。

しかし、世の中そんなにうまい話はあるはずがありません。現実は、査定額よりもローン残高の方が高くつきます。

ローン残高50万円残っている車を売りに出したは良いが、査定額は10万円になったとしましょう。査定額を丸ごとローンの支払に使っても、残高は40万円も残っています。

では残った40万円は、どうなるのでしょうか?

もし新しく車を買い換えるのならば、ローンとして上乗せされます。買い換えた車の価格が100万円としてローンで購入するのなら、140万円分支払うことになります。

新しい車に買い換えない場合、残った40万円はきっちり返済しなければいけません。金利の事を考えるならば1番お得な方法は、残った40万円を一括で支払うことです。しかしそのような余裕がないにのも事実、その際は再度ローンを組んで、コツコツ返済を続けるのも手です。

大手買取店のローン残債サービス・返済サービスを使う

ローンがまだ残っている車を売りに出すには、ものすごく面倒な手続きが必要になります。面倒な手続きを進めるぐらいなら、ローンの支払を全て完了させてからにした方が、手間はかかりません。

しかし例えローンが残っている車でも、面倒な手続きもなく売りに出す方法があります。ズバリ「残債サービス」または「返済サービス」とよばれるものです。名前は買取店にもよりますが、内容はほとんど同じで、売却額からローンの残債を一括返済してくれ、売却額がローン残債より低い場合は、新たなローンの組み換えを行っています。一部店舗では実施されていない場合はあるものの、ガリバーやアップル、カーチスなどの大手の車買取り店ならばサービスを承ってくれるはずです。但し車買取店の場合、クレジット会社と提携しているところがほとんどですので金利が高くなります。もし地銀や信用金庫等が利用できるのであればそちらのマイカーローンに一本化しましょう!クレジットカード会社の場合は15%程度、銀行系のマイカーローンの場合は3%程度なので、利用金額が大きければ、支払い回数が多ければ、グッと負担も少なくなりお得になります。但し、銀行系の場合条件が厳しい場合があるので事前によく確認して下さいね。

金利比較:もし100万円をそれぞれで12回(1年)ローンを組んだ際にどの位、支払い金額に差が出るか見てみましょう。

金利 借入額 利息 支払総額
15% 1,000,000 83,100 1,083,100
3% 1,000,000 16,324 1,016,324

12%の金利差で12回払いで66,776円の差ですが、これを60回払いにした場合を見て下さい。。

金利  借入額 利息 支払総額
15% 1,000,000 427,396 1,427,396
3% 1,000,000 78,121 1,078,121

実に349,275円もの差が出ます。返済予定回数や金利をよく考慮にして選んでください。銀行系は審査が厳しいので、審査に落ちた場合、クレジット会社を利用する場合は支払い回数を減らすなどして支払総額を低く抑える様に計画しましょう!

さらに車の所有者がローン会社・信販会社になっていた時の、所有権留保の手続きを進めてくれます。またローン残債分を車売却金額から支払う手続きも、買取店が行ってくれます。もしローンが残っている車の売却を考えているのなら、大手買取店のサービスを利用してみては如何でしょうか。

残価設定ローンでも売却できる?

今愛用している車を購入しようとした時、「月々の支払いが少なくなりますよ」とのスタッフの誘いで、残価設定ローンをすすめられた方々も多いと思います。しかし月々の支払いが少なくなるとは言え、途中で車を売ろうかと考えている方もいらっしゃるでしょう。

残価設定ローンではなく通常のローンであれば、例えローンの支払が残っていても、名義が御本人になっていれば直ぐにでも売却は可能です。しかし残価設定ローン(残クレ)が残っていてもでも売却は可能でしょうか?
答えは「YES」です。

残価定ローンとは?
残価とは、数年後に購入した車を下取りに出した時の価格をいいます。業者によっては「残価設定型プラン」「残価設定型クレジット」「残クレ」とも呼ばれていますが、内容はほとんど変わりません。残価を一旦据え置いて残りの分を分割払いにするのが、残価設定プランです。例えば、200万円の車を5年60回払いの残価設定ローンで購入するとしましょう。5年後の残価は50万円とします。残価設定ローンは5年後の価格を据え置くローンなので、50万円分は据え置かれることになります。するとローンの支払いは150万円となり、150万円を59回に分けて支払うかもしくは再度の残価50万円に対してローンを組む事も可能です。そして最後の支払いの60回目に50万円を支払うということです。つまり残価設定ローンは支払い金額が安くなる訳ではなく、元金はそのままです。

残価設定ローンの売却方法は?

では残価設定ローンの車を売却するには、どうすれば良いのでしょうか?ポイントは最後の支払いにあります。

先程の例と同じく200万円の車を60回払いで支払いを行い、5年後の残価が50万円になっていたとしましょう。

59回目までの支払いを終えたら、残り1回は50万円の支払いが待ち受けています。では残った50万円をどう支払うかです。

残ったローンの支払い方法としては、新しい車に乗り換えることです。車を引き渡す際に買取店のチェックを受けて、何もなければ買取店にそのまま引き取ってもらえます。

ただ中古車市場は常に変化しているので、本当に5年後の査定額が50万円になっているとは限りません。下手をすれば20万円・10万円にまで下がっている恐れもあります。

でも残価設定ローンであれば、買取店に引き渡す頃に10万円まで査定額が下がっていたとしても、50万円はきっちり保証してくれます。

もし中古車市場が上向きになり60万円の値段がつけば、査定額は差額である10万円分上乗せされます。もちろん新しい車に乗り換えず、そのまま売却する方法もあります。

売却というよりも、返却と言った方が正しいかもしれません。ただし下取り価格が保証されているとはいえ、車の状態があまりにも悪ければ減額されることがあります。

まとめ

・ローン中でも車売却は可能である

・ローン中の売却は「所有権の留保の手続き」が必要

・残債は一括返済もしくはローン組み換え

・重要なことはローン返済の為にも1円でも高く売ること!

ローンが残っている車を売り出すことは、基本的にできます。しかし実際に売り出すとなると面倒な手続きがかかってしまい、変な負担がのしかかります。

車を売却した分で乗り換えを検討しているのならば、更にローンが増えてしまいます。ローンを無駄に増やさず効率よく車の売却を進めるには、1円でも高く車を売るしかありません。

そのためにも一括査定サイトで複数の業者から見積を出してもらい、1番高い値段をつけた業者に売り出すことをおすすめします。

ローンが残っていても、残価設定可能な登録業者が多数登録している一括査定サイトです。

管理人おすすめ一括査定サイトランキング

ユーカーパック
最大2000社以上から見積りが取れる!!ユーカーパックはお客さんと買取業者の仲介サービスを行っている業者です。

一括査定に申込むと色々な業者からの連絡と、その都度査定をしなきゃいけないのですが、ユーカーパックなら査定はたった1度だけでOKです。査定が完了したら、査定情報を元に業者が入札していく新システムになっています。

ユーカーパック公式サイト ユーカーパック口コミ 評価
公式サイトはこちらから いますぐ口コミを確認する



楽天オート
楽天オートはここ2,3年で急成長してきている一括査定サイトになります。楽天オートでは複数社に一括査定が出来るだけではなく、楽天オートを利用するだけで楽天ポイントが貯まります。

まず、申込みをすると5ポイントで、成約までいくと1500ポイントが貰えます。因みに一括査定でポイントが貰えるのは楽天のみになります。
楽天をよくご利用される方にオススメです。

楽天オート公式サイト 楽天オート口コミ 評価
公式サイトはこちらから いますぐ口コミを確認する


一括査定.com
一括査定.comはJADRI(ジャドリ)の厳しい審査を通過した優良業者のみが約50社登録されています。

査定を行う全ての業者が優良業者ですので、トラブルも少なく、あなたのリスクを最小限に減らし、安心してご利用頂けます。ただ、これまで紹介してきた業者と違い、買取査定業者を選べないということろが少し残念です。

一括査定.com公式サイト 一括査定.com口コミ 評価
公式サイトはこちらから いますぐ口コミを確認する


車査定比較.com
車査定比較.comでは、サポート体制がしっかりしており、買取相場がすぐ分かるというところが良いですね。登録業者は200社以上と上位にいる査定サイトと比べると少なく感じますが、200社以上というのは、車一括査定サイトの中でも比較的多いサイトになります。

登録されている業者も主に皆さんがよく知っている大手の買取業者が登録していますので安心してご利用ください。

車査定比較.com公式サイト 車査定比較.com口コミ 評価
公式サイトはこちらから いますぐ口コミを確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする